現代社会と新婚夫婦のセックスレスについて

日本では近年、セックスレスで悩んでいる夫婦が増加傾向にあります。これは、日本は元々世界的に見て平均セックス回数が非常に少ない国柄ではあります。しかし、夫婦間のセックスレスの問題は熟年離婚の原因にも挙げられるほど、深刻な問題なのです。現代社会とセックスレスについて考えてみましょう。


【現代社会が生んだセックスレス】

デートをするのもセックスをするのも楽しみたいという欲求から生まれます。ですが現代ではその欲求さえも減少してきているようです。現代社会は男女共に仕事、娯楽、趣味に多くの時間と体力を割いてしまうことがセックスレスの原因の一つとも言われています。

どんなに忙しくてもその忙しさの中にもゆとりを持つ工夫が大切です。たまには相手の目を見て話し、好きな人を想って二人の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

また、現代社会が生んだセックスレスの問題として性交渉に関心が無い草食男子の増加もあげられます。この背景にはコミュニケーション力の劣化がささやかれています。現代ではゲームやパソコン、書籍、DVDなど様々な娯楽が溢れているため余暇の過ごし方を幅広くさせているからではないでしょうか。

【増加するセックスレス夫婦】

セックスレス夫婦やカップルの数がより一層増加することがこれから予想されているようです。セックスレスは夫婦関係にも影響を及ぼしています。これでは少子化は止まるどころか加速してしまう一方です。

新婚の際はきちんと夫婦のコミュニケーションを図っていたという方も、月日が経つと次第にセックスレスになるという傾向にあります。日本では、歳を重ねると性的に積極的であることが、良くないこととされている風潮が根強くあり、現在でもその考えを持っている方がいるためだといわれています。ですが、その考え方は見直さなければいけません。そのためにきちんと夫婦で見つめなおし、セックスレスから抜け出してみてはいかがでしょうか。これまで以上により良い関係になるはずです。