お客様の声

0
◆セックスレスから解消に至るまでの状況私は44歳の♀です。今は昔のスキルを生かして仕事をしています。(以前は専業主婦でした)夫は2つ年上で46歳。高校と中学の息子が2人います。夫とは職場結婚で、私はそれを機に仕事を辞めました。

当時は夫の性欲も強かったこともあり、セックスをしない日の方が少ない位、
回数としてはかなりありました。

私もその頃は、愛されているからこそと幸せでしたし・・・。

そしてすぐに長男を妊娠。

妊娠中も夫は私を求め、その性欲の処理に応じていました。

しかしこの頃からなにか違和感を感じ、いったい私って何なのかな?・・・
そう思うようになりました。

出産後、また待ちかまえていたように求められ、間もなく二男を妊娠。

年子で出産することになりました。

そして妊娠中、またもや求めてきた夫に
「いったい私は何なの?あなたの性処理女じゃないの!
そんなにしたけりゃどこででもしてきて!」
そう言い放ってしまったんです。

ただでさえ初めての子育てに戸惑って余裕がなかったのに、
またすぐ妊娠なんて本当にきつかったんです。

でも、それでも言ってはいけない事だったと、後で深く後悔しました。

その時から夫は、私に一切ふれなくなりました。

最初はそんな大したことだと思ってなかったんです。

夫が悪い。少しは私の身になって。そんな風に思い、
求めてこなくなった事にホッとした自分がいました。

性欲旺盛な夫が少し気になりはしましたが、
子育てに追われる私は、夫に目を向ける余裕がありませんでした。

しかしその事で、私たちの間に深い溝を作ってしまったんです。

二男が1歳を過ぎた頃、私から誘ってみたことがありますが、
見事にはねつけられました。

すごくショックでどうして良いかも分からず、
もう子育てに没頭するしかありませんでした。

皮肉なことに、今度は私の性欲が上がってきて・・・
とにかく忘れようと、考えないように日々を過ごすようにしました。

でもそうなってしまうと夫婦って駄目ですね。

ほんのささいなことからもケンカになったりして。

どんどん心が離れていくのがわかりました。

ずっとこんな状態で、生活していかなければならないの?
私の女としての人生は、もう終わってしまうのか?
なんで私の気持ちを解ってくれないのだろう・・・。

そんなことをいつも悶々と考え、辛くて悲しくて、
子供に気付かれないように、布団の中で声をころして泣いていました。

誰かに相談するにも、そんな惨めな自分を知られたくなくて、話せませんでした。

ネットで自分と同じ悩みを抱える人達の書き込みを読んだり、あるSNSの中の同じ悩みを持つ人達のコミュで、悩みを共有できるようになったことでかなり気持は救われましたが、これといった解決方法は見つからず、現実は、なにも状況が変わることなく、日々が過ぎていきました。

ネットで他の男性に優しい言葉をかけられ、気持が傾いたりもしましたが、
実際に会う事などできないのに、なにか模擬恋愛の様な・・・
そんな中に逃げ込む自分がいて。

結局結婚した頃の優しい夫が忘れられず、
割り切れない自分がいたのだと思います。

そんな中、綾瀬先生のマニュアルに出会いました。

他にもレス解消のマニュアルは色々あるけど、綾瀬先生には他とは違う何かを感じ、それでも半信半疑でしたが思い切って購入しました。

今考えても、それが私にとって本当にラッキーだったと思います。

あの時、他のマニュアルと同じように、流してしまっていたら・・・
今もあの頃のままだったかと思うと、本当に良かったと心から思います。

このマニュアルで、今まで考えもしなかった男と女の違いを知ることができ、
夫の気持ちを理解できるようになりました。

そしていま自分が何をすべきか、冷静に行動できるようになれたんです。

時には迷い、結城先生、麗子先生に助けていただいた事もありましたが、
おかげ様で今では、出会った頃より熱いカップルになることができました(照)

私がこのマニュアルを素晴らしいと思ったのは、
レス解消するための方法はもちろんですが、
それからの二人のセックスライフによって、心豊かな人生を送るための方法です。

実はいまでは主人も、このマニュアルを読んでます(笑)

もう本当に幸せいっぱいです(//▽//)

◆夫婦関係に悩んでいる方へ、アドバイスをお願いします。

どうかこれを読んでいる人達にも、同じ喜びをつかんでほしいと心から思います。

だって、愛する人と抱き合えないのは、心が乱れ、本当に辛いこと。

でも泣いてばかりじゃ、なにも変わらないから・・・。

絶対に諦めないで、頑張って下さい!☆o(^^)o

 

 

お礼
お礼
お礼のメール
お礼のメール
お礼のメール
お礼のメール
お礼のメール